2年前の日本での最優先事項は観光業を促進することでした。異なる国々に対する観光ビザの取得条件が緩和され、より多くの観光客が日本の誇る風光明媚な場所を訪れることができるようになりました。また、日本は2018年にカジノを合法化しました。当時は多くの人がマカオに次いで日本がアジア第二の観光地になるであろうと予測しました。 
 
ところが残念ながら、その過程で問題が発生しカジノの日本参入は中止となりました。税金の問題と、ビジネスの継続が困難になるほどの厳しい規制環境が中止の原因でした。税金の高さと必要条件の厳しさが原因で、多くが計画を断念しました。その上、去る1月に確約されていたガイドラインも未発表のままとなっています。 

新型コロナウイルスの感染拡大

新型コロナウイルスの流行も、日本が多国籍カジノを国内に設立することができない状況を悪化させる原因となりました。カジノ産業の損失が数十億にのぼり、多くの人が機会よりもリスクを発生させるような新しい市場開拓に乗り気ではありません。その上、先月中国の開発業者が賄賂関与により逮捕され、それによって日本のカジノ市場の状況はより悪化してしまいました。 

外国人に対する源泉徴収

政府はカジノで勝った外国人に対する課税検討しています。このような法律が検討されていることで、せっかくプレイして賞金を勝ち取った賞金が課税されてお金を失うリスクがあるため、日本のカジノへの外国人誘致が困難になっているのです 
Sandsは日本参入にとても熱心な法人の一つでした。ここ20年にわたり、規制当局と交渉を続けてきました。しかしながら、5月には彼らが設定した目標が「達成不可能」であるとして撤退を発表しました。

日本にはカジノが何軒ある? 

2020年代末までには、国内の様々な地域に大型カジノが設置されると予想されていました。エンターテインメントをカジノおよびリゾートと複合させた国内初の総合リゾートカジノを2020年までに設置するという計画さえあったのです。 
現在の時点では、日本の23の都市にギャンブル施設が存在しています。しかし、カジノと競馬場を含めた国内の合法的なギャンブル施設は合計で25箇所となります。2018年の当初の計画では、MGMリゾートとSandsの両方を含む、3つのカジノリゾートが日本に導入される予定でした。

日本におけるギャンブルの増加 

日本文化とギャンブルは深くつながっています。長年の間、多くの定年退職者がパチンコ店でお金を消費してきました。それは一種の娯楽ゲームセンターです。しかし、平均的なゲームセンターのゲームとは違い、パチンコ店では現金を勝ち取ることができます。 パチンコ台が人気を集めている理由は、実際様々な楽しいゲームが存在するためです。これらのゲームの中には、よくあるゲームセンターを真似たものもあります。 
近いうちに日本で大型カジノの開業が実現されるでしょうか?規制当局により全てが厳格化されているのにプラスして、税金が高いことを考慮に入れると、日本がアジアにおける次の人気ギャンブルスポットにはなれない可能性もあります。 
 
また日本がカジノに順応しないという可能性もあります。厳しい法律や規制と課すという評判があるため、ギャンブラーはどこか別の場所に行かざるをえないのかもしれません